読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

全部同じに見える

From:おおむらしゅんすけ 
代官山のスタバより、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

 

 

あなたの業種がどうであれ

儲かっていないのはコレしかない。

それは、

 

 

全部一緒に見える

 

ということに尽きる。

 

 

 

「おいおい、君!私のところの商品はそんじょそこらの不良品じゃなくて

最高級の◯◯を使ったものやから、一緒じゃないよ!」と聞こえてきそうな感じやけど、

 

 

 

 

じゃあ、僕がそこで逆に聞きたいのは

「そんなに特別やのに突出して売り上げていないのはなぜですか?」

という一見意地悪な質問です。

 

 

 

今日なんでこれを題材にしたのかといえば、

日本のほとんどの商品やサービスはめっちゃ良品やのになぜゆえに

こんなに売れていないということを解き明かしたかったからである。

その原因の1つとなるのがバブル期で培った”置いとけば売れる”シンドロームである。

 

 

 

 

でも、ちょっと考えてもみてくれ。

今あなたのやっている商売の競合、同業者は何社あるやろうか?

数えきれないくらいあるかもしれんし、マニアック向けやから超少ないかもしれない。

いずれにしてもあなたが扱っているものはあなた「だけ」が扱っているものではない

ということを覚えておいてほしい。

 

 

 

 

そして、気をつけて欲しいのは

あなたの商品を買うかもしれない見込みの顧客は

”すべて一緒に見えている”ということである。

中身のサービスや素材が違うとしても、である。

 

 

 

じゃあ、どこで差をつけるのか?

商品サービスを変えなくてもどうやったら合理的に買っていただけるのか?といえば、

僕が思うに「違う」ということを言いまくればいいということである。

 

 

 

そう、言いまくる、伝えまくるということ。

 

どうやって違いを見せるのか?

単刀直入に言えばあなたの商品やサービスはまわりの同じようにみえるものとは

こんなにも違うということを広告や宣伝文、店頭看板、プレス、テレビなどで言いまくる

ということである、という単純な反復行動で何もしなくて置いているよりも

数倍売れ行きが早くなるということである。

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

あなたはここまでお伝えしてきたことをどれだけ理解しているやろうか?

広告を今日からどんだけ、どこの地域に撒けるやろうか?

どんだけ今までのお客様にハガキや電話でアプローチできるやろうか?

考えてもみてほしいねんけど(考えなくても)顧客に声をかけていくということだけで

どれだけあなたの素晴らしい商品が売れていくのかは想像に難くないと思うよ。

 

 

 

 

ぜひ、あなたの商品を世界の中心で叫びまくってほしい。

そうしなければ、今のまま在庫は溜まりまくってホコリまみれになって

いつのまにか世の中からあなたも忘れ去られることやろう。

 

 

 

 

求めよさらば与えられん、ということだ。

f:id:jm0502129:20161102130858j:plain

 

 

おおむらしゅんすけ