読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

口だけ番長のあなたへ?

From:おおむらしゅんすけ 
代々木上原のディッシュより、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

自分には商売のセンスがあるのかどうか? 

 

 

 

 

 

これは、 

僕も含めて多くの商売人が一度は思い馳せることだと思います。 

なぜなら、商売人として活躍できる人もそうでない人も 

それなりに勉強はしているのにドンドン力の差が 

開いていくところをこの目で見てきたからです。 

 

 

 

 

 

果たして、 

本当に商売人の実力を決めているものは一体なんなんやろ? 

と、ふと感じました。たくさんの要素があるとは思いますが、 

今日はその最も大切な要素をあなたにシェアしたいと思います。 

 

 

 

誰から学んでいるのか? 

 

 

 

 

 

2020、東京オリンピックですよね。 

メダルを取るアスリートもそうでないアスリートにも 

コーチがつくと思います。 

そして、そのコーチの指導のもと、 

選手は日々の練習に励んでいきます。 

 

 

 

そして、オリンピック本番に臨み、 

自身の力を試していくのです。 

 

 

 

でも、考えてみてほしいのですが、 

もし試合に臨むアスリートのコーチが一流でなければ、 

アスリートが一流になると言うことはないと思います。 

 

 

 

そりゃそうです。 

 

 

 

ゴルフがうまくなりたければ、練習場で練習していて、 

にわか育ちの本を読んできただけのおっちゃんよりも活躍している、 

たとえば石川遼父親のような一流に教えてもらった方がいいに決まっています。 

 

 

 

この話は、商売も一緒ですよね。 

そして、僕個人的にはこの誰から習うか?ということが 

商売人として実力を積んでいくのに 

一番重要なことだと確信しています。 

 

 

僕もダンケネディさん、メンターのような 

「超」一流から直接習うということは、 

あなた自身が超一流の商売人になれる可能性を 

秘めているということに他ならないのですから。 

 

 

 

口だけ番長 

 

 

 

 

 

よく商売人としてのスキル知識を得て、 

自分の職業として食っていきたいと言う人がいますが、 

ほとんどの人が「口だけ番長」でスキル向上のための投資もせず、 

休みになれば録画しておいたオリンピック観戦で一日が終わっていきます。 

 

 

 

そして、ことあるごとに 

「なんで、オレ(私)は商売人として稼げないのか、、、?」 

と、意味不明な自己嫌悪に陥っていくのです。 

そういう人を山のように見てきました。 

(あなたが、そうでないことを心から祈ります) 

 

 

 

 

 

ここでハッキリしておきたいんですが、 

商売人としてのスキルを磨いていくことは全然甘くないですよ。 

僕も、商売の中身を知らない時は、簡単だと勝手に思い込んでいました。 

 

 

 

 

 

でも、現実は天と地の差以上に違いました。 

大量に情報をインプットしなればいけないし、 

マインドをコントロールしなければいけないし、 

お客様のインタビューを大量に集めてリサーチしないといけないし、 

万全だと思って出した広告がまったく反応がなかったり、、、 

と現実は全然違うのです。 

 

 

 

なので、「商売なんてテクニック使ってチャチャッとやったらええがな」 

的な人がいますが、僕はきっぱりその人にこう言ってきたことがあります。 

それは 

 

「そんな考えで商売のマーケティングを勉強するのはやめなはれ」 

 

です。 

 

 

 

あなたがなりたいのは二流、三流の商売人ですか? 

それとも、、、 

 

 

超一流の商売人ですか?

 

f:id:jm0502129:20161202010819j:plain

 

おおむらしゅんすけ