読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

「あいつ」は金ズル

From おおむらしゅんすけ

新宿三丁目のスタバより、、、

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

 

お客様は金づるですか?

 

ええ、そうです。金づるですw

(※僕が言ったのではないです^^;)

 

 

 

最近、そう言われても仕方ないケースに出くわした。

 

 

 

 

結構高いものを売っている人に最近出会った。

最初は「いい人」だったけど一度高いサービスを

買ったと思ったら次のサービスを売ってくる。

一発目のサービス内容も決まっていない。

もちろん受けていない。

 

 

 

でも、次の商品(1000万円弱)が出てきた。

それが買えないのであれば500万円もあるよ的な、、、

 

 

 

完全に金づるの目になっていた。

「すいません、次の商品は買いません」と言うと

「君は根性がないね、そんなんではスターにはなれないね」

と言い放たれた。

 

 

 

 

僕は完全に彼に金づるだと思われていた。

金づるだからなんでも買ってくれるだろう。

なんでも進めたら買って買ったら次の商品を

ソソクサと売りさばいてくるという

なんともアホなシナリオやったように感じる。

 

 

 

あなたは大丈夫か?

 

 

 

 

 

僕は人のことを金づるやと思ったことはないけど

金払いの良い顧客に「金だけ払え」と言われたら

その金払いの良い客はどう感じるやろうな?

しかも、前回のサービスに満足していなかったら?

どうするやろうな?

 

 

 

少なくとも僕なら買わないし嫌悪感だけを感じてしまう。

 

 

 

売上げが上がっている時、

僕なら調子に乗ってしまう。

調子に乗ってしまうから

ドンドンお客様からお金を支払わせる機会を

ドンドン提案させていただく。

 

 

 

こっちとしては行き届いたサービスを保証するつもりで

お客さんに提案しているんやけどそのお客さんは

まだサービスに大満足していないのかもしれない。

そういう時に強烈に売り込んでしまうと先は無くなってしまうわな。

 

 

 

結論

 

 

 

 

一生懸命にプレゼンして買っていただき

一生懸命にフォローしろ、である。

僕はこの一件で自分も同じことをしていないか

心配になった。

 

 

 

ちゃんと宣伝して買っていただいたなら

結果にコミットして結果を出せないといけない。

 

 

 

めっちゃめっちゃシンプルだけど

めっちゃめっちゃ大事なことだ。

 

 

 

 

おおむらしゅんすけ

 

f:id:jm0502129:20161222031309j:plain