読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

その行動でいくらの売上を作ったの? 

From おおむらしゅんすけ

代々木上原の自宅より、、、

 

 

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

『子供の苦手な夏休みの宿題ランキング』 


1位 
なんだと思いますか? 


苦手な夏休みの宿題第1位は・・・ 
読書感想文 


第2位は自由研究だそうです。 


そりゃそうですよ。 
どちらもアウトプット型のワークですからね。 
できるはずがありません。 
親が手伝いするのは、まぁある程度は 
『必須』になります(笑) 



義務教育は、はっきり言って『インプット型』です。 
情報をどんどん頭の中に入れていきます。 
国語も算数も社会も理科も、英語も。 
私たちの遠い記憶を引っ張り出して考えてみても 
・・・やっぱり全部そうでしたよね。 


そしてテストは、その『インプットの優劣』を競うだけ。 
応用なんてものは、その中のほんの一部分です。 


そんなインプット作業にどっぷり慣らされている 
日本人の子供の夏に、 
突然課せられる。それが、自由研究です。 


自由研究は全てアウトプットです。 
何を題材にするのか? 
何を調べたらいいのか? 
それだけだって大変なものの 
題材が決まってからがサァ本番と続くのが 


・目的 
・仮説 
・実証 
・結果 
・考察 
・感想 


この流れ、「大学の卒論か?!」って思わず嫁にツッコミました。 
ただこれ、目的ひとつとっても、 
いや考察にしろ、感想にしろ、 
結局のところが、どれもこれも 
自分の頭の中から絞り出さないと書けない 
ザ・アウトプット作業なんですよね。 


学校では延々インプット作業、 
夏休みの宿題ではポンと丸投げアウトプット作業。 


んなもん、できるわけが 
ありまセーーーーーーーん 
正直言って、義務教育くそくらえです。 





あなたは大丈夫? 





ビジネスはアウトプットが重要です。 
行動計画を作ったり、 
広告のヘッドライトを考えたり、 
顧客の心理状態に応じたセールストークを 
作ったりしないといけません。 


こういったアウトプット作業が、 
集客数のアップにつながり、 
リピート率アップを成功させ、 
セールス数が増えたり 
高額商品が売れたり。 
そうどんどんつながっていくんです。 



不必要なインプットはいりません。 
不必要なインプットとは、 
使い道のない情報のことです。 


テストも試験もありません。 
難しいビジネス用語なんか覚える必要もありません。 


成果の出ないセミナーや、 
漠然とDVDみたり、本読んだり 
変な集まりに行ってませんか? 


「勉強してればえらい」という 
義務教育の悪しき習慣を 
ビジネスに持ち込んでしまった 
悲しい結果かも知れませんね。 






ちょっとチェックしてみて下さい 






ここ1ヶ月でやったことを書き出してみて下さい。 
何をやりましたか? 


飲食店でしたら、 
新メニュー開発
事務作業 
お客さんに手紙を書く 
広告を作る 
セミナーに行く 
スタッフの求人 
ポスティング 
挨拶まわり・・・ 


では、次にその行動ひとつひとつに 
金額をつけてみて下さい。 


その行動はいったいいくらの売上を作ったのか? 
これの作業で金額がわからない。 
全然、想像できない・・・としたら 
その行動はやるべきではないかも知れません。 


もしくは、経営者であるあなたが 
やるべき仕事ではない仕事です。 





なんかうまくいっていない 
何年も売上が伸びていない 
忙しいばっかりで成長してない 


もし、あなたがこんな状態なら 
もう一度自分の行動を見直してみて下さい。 
インプットばっかりやってませんか? 

f:id:jm0502129:20170302144057j:plain