読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

マルチタスク貧乏

From おおむらしゅんすけ

代々木上原のスタバより、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

 

あれもできます
コレもできます
緊急ならそれもできます





こういうマルチタスクの人いますね。
しかも、何も進まない系の、、、^^;





何でも屋として雇われてんのか
都合のいい人なのかは分かりませんが
こういう器用貧乏の人って
使うほうはええんですけど
当の本人がいつも忙しく動き回っています。





たまーーーに1世紀に2,3人くらい
天才がいてこれをそつなくやれる人がいますけど
自分が天才だと勘違いしてマルチタスキングして
破滅してしまう、もしくは都合よく使われる人を
何度となく見てきました。
なんだか幸せなのか不幸せなのか、
仕事ができるのかできないのか、、
全然わからないまま時間だけが過ぎていく。
こういうマルチタスク貧乏に気を付けなければなりません。





マルチタスクしてもいいんですけど
ちゃんと”落とし所”は見つけないといけません。
自分の専門が無かったとしても
ちゃんとその物事、仕事のドロップポイントは
明確にしておくとドンドン進みます。





ポイントが有るとすれば


・自分が何の専門家なのか?を明確にする
・目標となる顧客(スタッフ)以外は相手にしない
・タスクは2~3個でできるだけ少なめにする
・1ヶ月~3ヶ月のスケジューリング一覧表を作成する
・3日に1回進捗を確認して検証改善する


ぐらいですかね。
自分たちが進んでいるのか進んでいないのかを
測るために「目標達成のためのタスク」を作って
それを毎日少しずつこなすだけです。





たったこれだけで目標は達成してしまいます。
フランクリン手帳を使うことも複雑な作業も
必要ありません。
大事なのはツールそのものではなく
達成すること、です。





マルチタスク貧乏にならないでください。
焦点を絞ってやれる量をやれるだけ今日中に終わるだけです。
っていってもマルチタスクやる暇ないだけなんですけどね、、、^^;


マルチタスク貧乏

 

連日予約で殺到する満席繁盛店を簡単に作る飲食店集客・売上アップの専門家
おおむらしゅんすけ

 

もう日々の売上悩まない
魅力を伝えるプロになり繁盛店になるための
仕組み化実現する

「9のステップ」
無料で動画で公開中

友だち追加