読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

人の反射神経=無意識に買う

From おおむらしゅんすけ

代々木上原のスタバより、、、

 

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

 

 

反射神経です。 
なにが??? 
って話ですけど 
人に売るとか買うとかって 
反射神経です、って話です。 





よく考えても見てください。 
例えば街でよく見る美男美女。 
僕なんかはすぐ見てしまいます。 
でも、具体的に何が良くて見てるのか? 
どこを見ているのか? 
なんてのは頭で考えてません。 
”なんとなく”カッコよく可愛いのです。 
赤の服を来ているとか、いい腹筋をしているとか 
◯◯のカバンを持っているとか、、、 





そういうことではありません。 





反射神経に訴えかけているのです 
じゃあどうやれば反射神経に訴えかけられるのか? 
これは脳神経や脊髄神経を理解する必要があります。 


が、、、、、、 
そんな難しい話をしても分からなければ 
意味がありませんので簡単にお伝えします。 





目で耳で手で 




まずは「目」→見せることです。 
美しさは音でも伝わりますが 
目ほどの伝わり方はありません。 
視覚に訴えかけるポスター、SNS、イラスト 
これは非常に脳に入ってきます。 
広告でいうと、字は読まずに絵を見るが如く 
全体を見ているのです。 





トータルの色彩や雰囲気、そこにある絵などが 
脳に叩き込まれます。 
その結果、あなたの訴求欲求と 
関係性のあるものは覚えて買うし 
覚えなくて関係なければ忘れます。 
(※忘れてもいいのです、次に「耳」があります。) 





目で届かないものは次の「耳」です。 
要するに聴覚ですね。 
音楽やBGM、ラジオやポッドキャストは 
まさにこの耳に訴えかけてきます。 
人の心地の良い音域というものがあります。 
これは黄色人種や白人黒人によって 
ヘルツが違うようですが、 
僕達、黄色人種は打楽器の打音よりも 
ピアノやバイオリンの弾音が響きます。 





あなたのプロモーションの最初の音は 
弾音で攻めていくといいでしょう。 
打音よりも激しい結果が出ます。 





最後に「手」です。 
これは触れさせるということです。 
最初から触れさせることがエエんじゃないか? 
という疑問が浮かんでくるかもしれませんが、 
目や耳で脳が「いいな」と思わないものを 
人は触れようと思いません。 
お腹が空いている時にお肉好きの人なら 
ジューッと焼けるビジュアルとサウンドで 
それに「触れたい」と思うものです。 
食べる→ジューッという音→ビジュアル 
という順番は人として不自然です。 
これが適応されるのは哺乳類以外の生物です。 





ここから応用を効かせようとするのであれば 

1、見た目のいい商品を綺麗に撮りサイトアップ 
2、音を付けて顧客の声をBGM付きで流す 
3、めちゃくちゃ軽い気持ちで試させる 

という流れが世界の主流です。 
ってか人の主流です。 
これに歯向かおうと思えば思うほど 
ドンドンドツボにはまっていきます。 





反射神経です。 
私達人間は反射神経で動いています。 
神様が造った人間は神経で司られています。 
それに抵抗することは出来ません。 
これを上手に使ってあなたの商品を売ってみてください。 
くれぐれも悪用しないように、、、 

 

 

連日予約で殺到する満席繁盛店を簡単に作る飲食店集客・売上アップの専門家
おおむらしゅんすけ

 

もう日々の売上に悩まない
魅力を伝えるプロになり繁盛店になるための
仕組み化実現する
「9のステップ」
無料で動画で公開中

友だち追加

f:id:jm0502129:20170307142807j:plain