読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

「情報」を売るのはもう古い。

From おおむらしゅんすけ

代々木上原の自宅より、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

 

僕もですがコンサルタントや著者はもちろん、
専門家、トレーナーまで、


ネットを通じて情報を配信していくことは
必須のマーケティング手法になっている。


youtubeだったりメルマガだたり、
ブログだったりFacebookだったり。。。


またこういった専門知識は
そのまま「商品」にもなる。


たとえばその知識を書籍にして販売したり、
セミナーや勉強会などをやる、
ということもできる。


でも一方で、
ネット上ではそういった専門の知識について、
色んな人が無料で配信していている。



イデアは無料で提供し、実践段階で料金を取る


2010年以降、人々は情報が「多すぎる」ことや、
情報を処理する時間がないことに不安を感じているらしい。


「情報の価値は地に落ち、
一方で何かを実践する価値は、
天井知らずに上がっている」


新しいビジネス・モデルは、
従来のやり方を少し変えるだけでいい


ところが、世の中にはそれが見えていない人がいる。


彼らはいまも、
自分の情報はほかの情報よりも価値があるのだから、
対価をもらおうと考えているらしい。


電子書籍、コンテンツ、
オーディオ・プログラムで稼ごうとする人は、
いまだに大勢見かける。


彼らは、世の中が変わったことを認めようとはしない。


しかし、新しいビジネス・モデルは実にシンプルだ。
やり方を少し変えるだけで済む。


それは、情報を「無料または安価」で手放し、
その実践の手助けに「料金を課す」というモデルだ。



クライアントの負担が減るほど価値が増す


結果を出すにあたって、あなたの責任が増え、
かつクライアントの労力が減るほど、価値は高くなる。





クライアントに強いる負担が減るほど、価値は増すのだ。



痩せたい人なら、
ダイエット本を買うなら1000円、
ジムに入会するなら50000円、
専属トレーナーをつけるなら300000円、



今では、情報よりも実践の方が価値を持っている。


ライザップが分かりやすいだろう。



その点は、常に意識しておかなければならない。
情報を売ろうとすると、事業は立ちゆかなくなる。


たっぷり稼ぎたいのなら、情報は無料で公開し、
その実現のサポートで対価をもらうべきだ。


 

f:id:jm0502129:20170320025444j:plain

 

連日予約で殺到する満席繁盛店を簡単に作る飲食店集客・売上アップの専門家
おおむらしゅんすけ

 

 

もう日々の売上に悩まない、
魅力を伝えるプロになり繁盛店になるための
仕組み化を実現する
「9のステップ」
を無料で動画で公開中

友だち追加