読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

飲食店集客をする為に25%引き、50%引きをしていませんか?

From おおむらしゅんすけ

代々木上原の自宅より、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 


「なぜ、価格競争が起きるのか?」

そして、

「価格競争から回避し、
 利益率の高いメニューを作る」

にはどうしたらいいのか?


多くのお店が、

価格競争に陥っていて、
特に美容室なんか典型的ですが、
新規のお客さんを取りたいからと
新規客は25%引きとか50%引きとか
やっちゃう訳です。


でもね、
こうやって極端な割引集客をすると

1.お客さん一人から獲得できる利益額が低下し
2.更に、その顧客自体が定価では再来店しない

という悪循環が生じます。

だから、二度と定価で買ってくれるお客さんがおらず
見た目の客数は増えているんだけれど、
結局、1回限りのお客さんばかりで、
月末の支払いがいつも不安。

支払いを終えると
お金が残っていないという状況に陥ってしまう訳です。


こういう原因を招いているのは、
そういった割引集客をしているお店自体が
その原因を引き起こしている訳ですね。

価格割引でお客さんを集めているからであって、
お店の魅力自体が、「安いから」ということです。


結局、まあ、変な髪にならなければ
どこの美容室だっていいやってお客さんが
集まってきている訳で、、、、、


そもそも髪に対する興味関心が低い方だから
オプションメニューなどにも興味を示さず、、、
つまり、追加購入など望めず、
客単価も低いままです。

そうしたことが分からず
経営者は、やっきになってスタッフにはっぱをかけます。

または、販売ノルマを課します。


そもそも売れる見込みのないお客さんに
声を掛けるほど、至難の業はありません。


話すのが得意ではないスタッフが
それでも頑張って声を掛けるけど
見事に撃沈。

朝から晩まで働く上に更に
苦手な営業までさせられて
肉体的にも精神的にもすり減り
折角、獲得したスタッフもどんどんやめていく訳です。


そして、求人費用もまた掛かる。
本当に悪循環です。


あなたは身に覚えがありませんか?


こうした悪循環が更なる悪循環を生むわけです。


さて、冒頭の

「なぜ、価格競争が起きるのか?」

そして、

「価格競争から回避し、
 利益率の高いメニューを作る」

方法ですが、


やはり、重要なのは、

1.誰をお客さんとするか?

ということと、

2.そのお客さんにどう伝えるか?


という2つのことが重要になってきます。


そこで、あなたも

美意識の高いお客さんを集めるようにすると
再来店率もあがり、適正価格での販売もでき、
利益も増えていきながら、
スタッフも働くことにやりがいを感じ
定着率が上がるという
全てがうまく生きだす善循環になっていきます。

 

 

 

連日予約で殺到する満席繁盛店を簡単に作る飲食店集客・売上アップの専門家
おおむらしゅんすけ

 

 

もう日々の売上に悩まない、
魅力を伝えるプロになり繁盛店になるための
仕組み化を実現する
「9のステップ」
を無料で動画で公開中

友だち追加