読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

美女を超簡単に手に入れる方法

From:おおむらしゅんすけ 
代官山のスタバより、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

最近、とても嬉しいことがありました。 
今日はその話をあなたにシェアしたいと思います。 


「あまえの嬉しいニュースなんて聞いている暇はねぇ」 
なんてこと言わないでください。 
ちゃんとあなたのビジネスに関係のある話をしますから。 


しかも、この秘密を知っているだけで一生お金に困らなくなりますよ。 


でも、ヘッドラインを変えたら 
コンバージョンが何%アップしたとか、 
ニッチなお宝キーワードを発見したとか、 
そういった“耳障りのいい話”ではありません。 


もし、そんな話が聞きたいのなら 
お時間をムダにしてしまうかもしれないので、 
この先は読まないほうがいいかもしれませんね。 


今から遡ること4年前。 


僕は始めてマーケティングの塾に申し込みをしました。 
払ったお金は498,000円。 

今からはなす話は、 
その時に塾の先生から教わったことです。 


ただ、残念ながら 
当時の僕にはまったく理解出来ませんでした。 
理解できないどころか、 
「何言ってんだ、この人は…」と少しバカにしていました。 


それから4年後、ようやくその意味がわかったんです。 
少しは成長しているのかな?と思った瞬間でもありました… 



 

<1人の美女> 

話は変わりますが、 
これから美女をGETしようとした 
3人の男の物語を話したいと思います。 


是非、あなたの頭の中で想像しながら読み続けてくださいね。 


それではいきます。 


あるパーティー会場に1人の美女がいました。 
身長は168cm。 
見た感じは細身ですが、 
スラッと手足は長くモデルのような体型です。 


顔立ちは、綾瀬はるかに似ています。 
(ちなみに僕は、長澤まさみの方が好きですが…) 


髪はセミロングで、肌はスベスベの透明肌。 
パッと見た感じは細く見えるのですが、よく見ると、 
ドレスを着たままでもそのスタイルの良さが分かります。 


形が良くバランスのとれたバスト。 


プリっと引き締まった 
「重力なんて関係ないわ!」と言わんばかりのヒップ。 


まだまだ言い足りないのですが、 
いつまでもたっても先に進めないので、 
これくらいにしておきましょう。 




<2人のリッチな男と普通以下の男> 




さて、そのパーティー会場には、 
その美女の他にも大勢の人がいました。 


でも、そんな美女を放っておくわけはありません。 


その美女を3人の男が狙っています。 
1人は複数のビジネスを経営している超リッチマン。 
1人は有名なハンサムな俳優。 


そして、最後の1人は… 


貧乏で無職。 
もちろん、輝かしい学歴もありません。 
つまり、普通以下の男。 


まずは、超リッチマンが声をかけるようです。 


「こんばんは。パーティーを楽しんでいるかい?」 
「僕は、〇〇会社の□□というものだけど…」 


とその男はここぞとばかりに、 
リッチを強調して美女に近づこうとしています。 
お金さえあれば、美女のハートをGETできると思ったのですが… 


美女はまるで興味のない顔をして、 


「すいません、ちょっとトイレに…」 


とひと言残し、その場から去って行きました。 


その様子を見ていたのは、ハンサム俳優。 


「金なんかチラつかせるからダメなんだ」 
と心の中で思いながら、次に美女に近づいて行きます。 


「さっきのオヤジになんか嫌なことでも言われたの?」 
「あんな成金ヤロウ放っておいて、僕と…」 


と彼は、売れっ子俳優だと言うことを強調して、 
真っ白な歯を見せながらとびっきりの笑顔で美女にアプローチしました。 


でも、美女は… 


「すいません。向こうで友達が待っているので…」 


と言って、またもやその場を去ってしまいました。 





<美女は男に興味がないのでしょうか…> 





お金にも、イケメンにも興味がないなんて信じられない。 
きっと彼女は、男に興味がないんだ。 
もしかして、女に興味があるんじゃないか? 
と男たちが疑いを持ち始めたその時です。 


最後の1人。 
貧乏、無職、学歴なし。 
普通以下の男が美女に近づいて行きます。 


誰もが 
「あんな普通以下の男なんて、見向きもされないだろう」 
「絶対に無理だ」 
と思った次の瞬間、普通以下の男は美女の耳元で何かを囁きました。 


するとどうでしょう。 


金持ちにもハンサムにも 
まったく興味を持たなかった美女が、 
普通以下の男と一緒に腕を組んでパーティー会場を後にしたのです。 


そうです。 


普通以下の男は美女のハートを 
ガッチリ掴むことに成功したのです。 


いったい普通以下の男はどんな手を使ったのでしょうか? 


どんな女でも一瞬で落とす 
“殺し文句”を知っている 
“ナンパのプロ”だったのでしょうか? 


いいえ、違います。 


それは… 





麻薬中毒者> 





お金もない。 
顔もよくない。 
学歴もない。 


普通以下の男が美女のハートを掴んだたった1つの理由。 


それは、彼女は重度の麻薬中毒だったのです。 


そして、普通以下の男は美女の耳元でこう囁きました。 
「ウチに上質な麻薬があるけど来ない?」 


彼は彼女が心の底から欲しがっているものを 
差し出すことによって、美女のハートをガッチリ掴んだのです。 
普通以下の男が、美女が麻薬中毒だということを、 
なぜ知っていたのかは分かりません。 


「なんだよ。こんなくだらない話」なんて思わないでください。 


それでは、4年前の僕と変わりません。 
それに、僕は麻薬中毒者のことを話したいわけではありません。 
そんなことはどうでもいいのです。 


“ことの本質”に目を向けてください。 


多くの人はビジネスで成功するには、 
才能やコネ、人脈、学歴、ルックスがなければダメだと思っています。 
もちろん、あることに越したことはありません。 


でも、ビジネスを成功させるためには、 
それらは絶対条件ではないのです。 





<耳と耳の間にあるもの> 





では、いったいビジネスで成功するためには何が必要なのか? 


それは、あなたの耳と耳の間にあるもの。 


そう、それは“知識”です。 


ビジネスで成功するためには、 
他の人やライバルが知らないことを 
“知っている”ということが大事なのです。 


普通以下の男は、「美女が麻薬中毒だ」 
という他の男が知らないことを知っていたから 
パーティー会場から美女を連れ出すことに成功しました。 


もし、あなたがビジネスで成功したいと思っているのなら、 
お客さんが欲しがっているものを“知る”必要があるのです。 


超リッチマンやハンサム男のように、 
自分を中心に物事を考えていけません。 
そうではなく、お客さんを中心において、 
お客さんが欲しがっているものを目の前に差し出す。 


これだけでいいんです。 


そこには、お金もルックスも権力も必要ありません。 
あなたはたったひと言、お客さんに向かってこう聞いてください。 


「今、一番欲しいものはなんですか?」と。 

 

f:id:jm0502129:20161206182652j:plain

 

おおむらしゅんすけ