読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

誰がお客様ですか?

From おおむらしゅんすけ

代々木上原のスタバより、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!




基本忘れてないですか? 
のお話をさせていただきます。 
今日の基本のお話は 


あなたのお客様は一体誰ですか? 


ということです。 




マーケティングという言葉が 
蔓延している中でマーケッターたちは 

・最新のマーケティング 
・最強のソーシャルメディア 
・キラーコピーライティング 

という言葉を駆使?して 
お客様を取ろうとしています。 




ただ、残念なことに 
それらを完璧に駆使して 
顧客獲得をコントロールしている 
マーケッターをあまり見ません。 
もちろんそれらを使って 
山ほど顧客を集める人はたくさんいます。 




最新のものを使うかどうかは別にして 
上手くいっている人たちの共通点を 
最近発見しましたのでシェアします。 
きっとあなたもご存知だと思いますが 
それは 


お客様は◯◯です。 


と言い切れて特定している人です。 
僕なんかはとってもシンプルな顧客様を 
特定しています。 


→売上げが落ち込んでいる飲食店の経営者の方 
コンサルタントが増えすぎて 
 誰を選べばいいのか分からず混乱している飲食店経営者 


以上が自分の商売の顧客様です。 
これらがわかっていると 
最新のものを使うのか否かは 
あまり重要ではないですし、 
MMAD(マスダマツナガ広告)を 
使うかどうかも重要ではありません。 
その顧客の記憶に残る物を使えばいいだけです。 




残念なことにこれにちゃんと気付いている 
コンサルタントは 
最近めっぽう少なくなってきました。 
フェイスブックやインスタグラムを使って 
ピンタレストでランディングさせて 
LPでコンバージョンを狙う、なんてのは 
ターゲットが明確になってから 
凝ればいいだけなのです。 





ターゲットを明確にする前に 
やるべきことではありません。 
セールストークなんてのはお客様が把握できれば 
「◯◯をいかがですか?」と 
安心してご提案すればいいだけなのです。 




こう言ってしまえば簡単なのですが 
これが低所得マーケッターには分かりません。 
分からないから右往左往してしまうのです。 
余計にお金がかかりますね。 
余計に労力と時間がかかります。 




さて、、、、、、 




あなたのお客様は誰ですか? 
ぜひ、お盆休み中に教えて下さい。 
分かればマーケティングはシンプルになり 
あなたはお客様に感謝され続ける 
商売人になられることでしょう。 




頑張って下さい。 

 

 

連日予約で殺到する満席繁盛店を簡単に作る飲食店集客・売上アップの専門家
おおむらしゅんすけ

 

もう日々の売上悩まない、
魅力を伝えるプロになり繁盛店になるための
仕組み化実現する

「9のステップ」
無料で動画で公開中

友だち追加

f:id:jm0502129:20170302140312j:plain