読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役飲食店マネージャー兼、店を連日予約で満席にし月商1000万円の売上を簡単に作る飲食店集客の専門家

「なんで自分はこんな料理が美味しいのにお客が来ないんだ…」 「なんで自分はこんなに勉強してるのに貧乏なんだ…」 「なんで自分はこんなに広告をやってるのに誰も来ないんだ…」

売上を伸ばしやすい時に伸ばす

From おおむらしゅんすけ

中野のスタバより、、、

 

 

飲食店の売上アップ、集客、リピート、客単価アップなんて簡単すぎる大村です。

金儲け、収入アップなんて朝飯前や!

 

 

今、新店オープンで準備がバタバタです!

 

こんな感じになりそうです!

 

分かりづらいですよね?w

 

出来ていく途中の写真もアップしておきますね!

 

 


「売上を伸ばしやすい時に伸ばす」

 

さて今日のお話です♪

 

 

売上を伸ばすポイントについてお話ししていきます^^



そして、今日、お伝えしたいことは
「率よりも実数」というお話です。


例えば、ネット集客でもチラシ集客でも
反応率1%の数字というのは優秀ですし、
それを目指していきます。


しかし、確かに1%は優秀ですが、
チラシの配布数が500枚だと1%でも
反応した方は、多くても5組10人ほどです。

売上にすると客単価2000円のお店だと
売上で言えば、2万円です。


1万枚蒔いて反応率が0.5%だとします。
すると50組100人です。
客単価2000円で20万円になります。


このように結局、大事なのは、
いくら投資して、いくらリターンを得られているか?
ってことなんです。


先月、2万枚ほどまいて
60人ほどの新規客を集めた美容室があります。

費用は、印刷費用、折込費用合わせて12万円ほど
客単価1万円で60万円の売上です。

更に、60人の一定パーセントが再来店します。

つまり、毎月撒けば撒くほど
業績が伸びていく訳です。


「売上が目標額までいかない」
という相談を受ける時があるのですが、
その時に、チラシの枚数などを聞いてみると
3000枚と答える方がいます。

いやいや、単に枚数を増やせば、
売上伸びるでしょうという話なんですね。

その3000枚という数字は
何を根拠に出した数字なんですか?
ということなんです。


自分が得たい目標売上に対して、
反応率を逆算すれば、配布すべきチラシ枚数が算出されます。


多くの場合、3000枚というのは
単なる自分の感覚で、3000枚と決めているだけです。

世帯数が3000世帯しかなくても
毎週1回、3000世帯に配れば
累計1万2千枚蒔くことができます。


こうやって
反応率よりも実数を重視する。
商売は、投資対リターンです。


あなたは、今日の学びを
自分の商売に、どう生かしますか?


売上を伸ばしやすい時に伸ばす